WordPressでテーマを選ぶポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

テーマを選ぶ

WordPressでテーマを選ぶということは、ユーザー誰もが経験することと思います。

デザインで選ぶのかセキュリティで選ぶのか機能面で選ぶのか?

皆さんは、どこに当てはまりますか?

今の時代、レスポンシブデザインのテーマを選択する

もはや常識と言っても過言ではないと思ってます。

そんな中でセキュリティが高いテーマこれも当たり前と云うほどでないと後々困りますね。

順番に解説していきます。

 

セキュリティを考える

セキュリティ

インストールした時から4つのプラグインがデフォルトで入っているのですが・・・

2つがセキュリティ関連ですね。

AkismetSiteGuard WP Pluginの2つですが・・・

正直これだけでは足りないと感じております。

まず、1つはテーマの中で投稿者へのリンクを非表示にできる設定があるのか?

僕が知ってる範囲では、無料テーマではLightningSimplicity2などがあります。

投稿者へのリンクって一見親切なようで実は、ログインIDが丸分かりになるというものでもあるのです。

なので、設定で変更できるなどができれば初心者の方でも安心して扱えるのかなと・・・

後は、足りない部分を子テーマにしてfunctions.phpに書き足すくらいでいいのかな?

くまはちLABでは、有償で提供しています。

 

機能面を検討する

Simplicity2

まだ、あまり研究してないですが・・・

Simplicity2は、ポテンシャル高いと思っています。

アドセンスなどで稼ぎたい方にはオススメしますね。

ただ、欲しいテンプレートがなかったというのも事実です。

できればランディングページ用テンプレートなどあればもっと◎だったと思いますが・・・

そういう意味では、個人事業者には向かないかもです。

 

Lightning

Lightningに関しては、機能面セキュリティ面デザインなど◎ですね。

足りない部分は、すべてプラグインで補えます。

固定ページテンプレートにちゃんとランディングページ用が用意されています。

これは、個人事業主に使ってもらうことを最初から想定されているのかもしれません。

玄人の方でも触りやすいテーマファイルは、子テーマでカスタマイズしやすくなってます。

初心者の方は、この辺りの判断ができるほど情報がなかったり分からない方が多いのも事実ですね。

くまはちLABでは、用途に合わせたテーマ選びをオススメしています。

 

デザインを検討する

デザインそのものは、基本的にテーマによるところが大きいのも事実ですね。

ただ、知識さえあれば後で改修することも可能です。

くまはちLABでは、ヘッダー画像もしくは、スライダー画像をデザイナーにお願いしています。

それなりに料金かかりますが、見栄えがそれだけでかなり変わってきます。

時間かけてすべて自分でするという選択

それもいいかもしれませんが、その分本業がおろそかになってるのでは?

時間のかかる部分を人に頼み早く実働できるレベルにするという考え方ならデザインに関してはデザイナー使う方が仕事がその分、先に進むという考え方をしています。

皆さんは、いかがでしょう。

 

まとめ

トータルで考えるといろんな部分でカスタマイズするのでどのテーマを選んでも最終的には、オリジナルの子テーマを入れることになるのですが・・・

人によって様々ですが、初心者であればセキュリティ面で安心できるテーマを優先にかつ、多くの方が利用しているテーマを選ばれてはいかがでしょう。

多くの方が、利用しているイコールカスタマイズ方法がググればでてきやすいということです。

正直、当サイトの親テーマであるSentoなど選ばない方が無難です。

情報があまり出回っておらずIDが表示されるのを非表示にするだけでもかなり苦労しました。

ただ、使うだけなら問題ないのですが・・・

そういう中で1番のオススメは、やはりLightningですね。

ただし、これは一般的な意見ですよ

作るサイトによってテーマを変更していますので・・・

 


 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします!

The following two tabs change content below.
くまはちLAB
神戸市にて事務所を構えSNSを活用したWordPressの活用法をメインにリスト化を初心者の方でもできるパッケージの開発等を手がける。 オーナーくまはちは、パソコン歴30年ホームページ制作歴20年。 お問い合わせは、FacebookメッセージからでもOKですよ。