プレゼンテーションを画像に変換する

プレゼンテーションを画像に変換

PowerPointのスライドってすべて画像に変換できるってご存知の方も多いですよね

そうすることで簡単にムービーメーカーなどで動画を作ることも簡単になります。

また、今の新しいバージョンでは動画に変換することも可能になっているのですが・・・

実は、この機能は随分前からあるんですよ

PowerPoint2003でもできるのです。

ただ、どうやってやるのかという解説は、PowerPoint2007からにしますが・・・

 

PowerPoint2007でスライドをすべて画像に変える

PowerPoint2007でスライドを画像に

Officeマークを画像にあるようにまず、クリックしてください。

 

PowerPoint2007でスライドを画像に

上図のように「名前を付けて保存」をクリックします。

 

PowerPoint2007でスライドを画像に

保存する時に赤枠の中の画像の種類を選択します。

JPEGもしくは、PNGを選択するとWEBでも使いやすいと思います。

 

PowerPoint2007でスライドを画像に

今回は、PNG形式を選択して保存します。

「保存」ボタンをクリックします。

 

PowerPoint2007でスライドを画像に

上図のようになるので、「すべてのスライド」をクリックします。

これでファイル名と同じフォルダが作成されスライドがすべて画像に変換されます。

いかがですか?

結構、簡単だと思うのですが・・・

 

PowerPoint2010でスライドを画像に変換する

PowerPoint2010でスライドを画像に

PowerPoint2010では、PowerPoint2007とはちょっと違います。

「ファイル」をクリックします。

 

PowerPoint2010でスライドを画像に

「保存と送信」をクリックします。

この部分がPowerPoint2007と違うところですね。

 

PowerPoint2010でスライドを画像に

「ファイルの種類を変更」をクリックします。

 

PowerPoint2010でスライドを画像に

ここで今回もPNG形式を選択します。

 

PowerPoint2010でスライドを画像に

PNG形式を選択したら「名前を付けて保存」をクリックします。

 

PowerPoint2010でスライドを画像に

「すべてのスライド」をクリックします。

 

PowerPoint2010でスライドを画像に

「OK」をクリックして保存されたことを確認します。

 

PowerPoint2010でスライドを画像に

このようにファイル名がフォルダになって画像が中に保存します。

 

PowerPoint2010でスライドを画像に

15ページあったファイルが15枚の画像にあっという間になりました。

ここまで3分かかるかどうかですね。

 

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に変換する

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に

PowerPoint2010と同じスタートですが、少し違います。ただ、PowerPoint2013とPowerPoint2016では同じ操作になります。

 

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に

「エクスポート」をクリックします。

 

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に

「ファイルの種類を変更」をクリックします。

 

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に

ここでPNG画像が選択できます。

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に

「名前を付けて保存」をクリックします。

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に

「保存」をクリックします。

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に

「すべてのスライド」をクリックします。

PowerPoint2013/2016でスライドを画像に

「OK」をクリックします。

これで完了です。

PowerPoint2007やPowerPoint2010などと少しずつ変化しているので間違えないように進めてください。WEBサイトや動画の1部として簡単に使用できるようになります。

いつまでも古いバージョンのOfficeを使うよりも今の新しいOfficeを格安で買う方法もあるんです。

Office2016を格安で買う

これから受験して大学生になる方は、もしかすると学内で無料で使えたり大学生協で格安で買うことができるかもしれません。いくつかの大学では無料で使えたりするところがあります。

少しでも早く新しいOfficeを体験してください。