パスカル一覧

徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判

徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判断すべきではない。日頃の行いで判断すべきである。パスカル

記事を読む

偉人が我々より偉いのは頭が少しばかり高く

偉人が我々より偉いのは頭が少しばかり高く出ているだけのことで、足のほうは我々と同じくらい低いところにある。パスカル

記事を読む

美貌のためにある女を愛する人は、その女を

美貌のためにある女を愛する人は、その女をいつまでも愛するであろうか? 否である。パスカル

記事を読む

習慣は、それが習慣であるからこそ従われる

習慣は、それが習慣であるからこそ従われるべきで、それが合理的であるとか、正しいということから従われるべきではない。パスカル

記事を読む

人間は互いにへつらうことばかりやっている

人間は互いにへつらうことばかりやっている。人間同士の結びつきは、かかる相互の欺瞞(ぎまん)の上に築かれる。パスカル

記事を読む

よく生きるには、よく澄んだ眼をもつことが

よく生きるには、よく澄んだ眼をもつことができなければならない。パスカル

記事を読む

人間は神と悪魔の間に浮遊する。パスカル

人間は神と悪魔の間に浮遊する。パスカル

記事を読む

真の雄弁は雄弁を軽蔑し、真の道徳は道徳を

真の雄弁は雄弁を軽蔑し、真の道徳は道徳を軽蔑する。哲学を軽蔑することこそ、真に哲学することである。パスカル

記事を読む

空想が人の心に第二の天性を植えつけると、

空想が人の心に第二の天性を植えつけると、理性でいくら逆らっても無駄である。パスカル

記事を読む

神を感じるのは心情であって、理性ではない

神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。パスカル

記事を読む

栄誉を否定する論者も、よく論じた栄誉は得

栄誉を否定する論者も、よく論じた栄誉は得たいと望む。パスカル

記事を読む

人間の不幸というのは、部屋の中にじっと静

人間の不幸というのは、部屋の中にじっと静かにしていることができないという、ただ一つのことから生じるのだ。パスカル

記事を読む

この無限の空間の永遠の沈黙は、私に恐怖を

この無限の空間の永遠の沈黙は、私に恐怖を起こさせる。パスカル

記事を読む

ささいなことが私たちの慰めになるのは、さ

ささいなことが私たちの慰めになるのは、ささいなことが私たちの苦しみになるからである。パスカル

記事を読む

誰でもわが身がすべてである。そのため、自

誰でもわが身がすべてである。そのため、自分は誰にとってもすべてだと思うようになる。パスカル

記事を読む

雄弁も長たらしくなると退屈する。パスカル

雄弁も長たらしくなると退屈する。パスカル

記事を読む

人は多くの場合、他人と異なるのみならず、

人は多くの場合、他人と異なるのみならず、また、いろいろなときにおける自分自身と異なることが多い。パスカル

記事を読む

世論はいわば世界の女王であるが、力は世界

世論はいわば世界の女王であるが、力は世界の暴君である。パスカル

記事を読む

正義なんて滑稽ものだ。一筋の川で限界づけ

正義なんて滑稽ものだ。一筋の川で限界づけられるのだから。ピレネー山脈のこちら側では真実でも、向こう側では誤りなのだ。パスカル

記事を読む

不当な非難をこうむればこうむるほど、また

不当な非難をこうむればこうむるほど、また強暴な言論の圧迫を受ければ受けるほど、我々はますます高く叫ばずにはいられない。パスカル

記事を読む

すばらしい英知は、極度の無知と同じく狂愚

すばらしい英知は、極度の無知と同じく狂愚として非難される。パスカル

記事を読む

真理が自分の罪業を証明しないかと、真理を

真理が自分の罪業を証明しないかと、真理を畏(おそ)れ始めるときほど不幸なことはない。パスカル

記事を読む

一つの事柄について全てを知るよりも、全て

一つの事柄について全てを知るよりも、全ての事柄について何らかのことを知るほうがずっとよい。知識の多面性が最上である。パスカル

記事を読む

情念は過度でなければ美しくありえない。人

情念は過度でなければ美しくありえない。人は愛しすぎないときには十分に愛していないのだ。パスカル

記事を読む

恥は一つしかない。すなわち、なんの恥も感

恥は一つしかない。すなわち、なんの恥も感じないということだ。パスカル

記事を読む

謙遜な議論も、高ぶった人たちには高慢の種

謙遜な議論も、高ぶった人たちには高慢の種となり、謙譲な人たちには謙遜の種となる。パスカル

記事を読む

思考が人間の偉大さをなす。パスカル

思考が人間の偉大さをなす。パスカル

記事を読む

上品は天賦のものであり、技巧によって得ら

上品は天賦のものであり、技巧によって得られるものではない。パスカル

記事を読む

悲しみは知識である。多くを知る者は、怖ろ

悲しみは知識である。多くを知る者は、怖ろしき真実を深く嘆かざるを得ない。知識の木は生命の木ではないから。パスカル

記事を読む

雄弁は思想を写した絵画である。従って、描

雄弁は思想を写した絵画である。従って、描き終わった後でなおも加筆する人は、肖像画の代わりに、装飾画を作ることになる。パスカル

記事を読む

スポンサーリンク