ウィリアム・シェイクスピア一覧

過失の弁解をすると、その過失を目立たせる

過失の弁解をすると、その過失を目立たせる。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

ぼんやりしている心にこそ恋の魔力が忍び込

ぼんやりしている心にこそ恋の魔力が忍び込む。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

お前がそれを抑えつければ抑えつけるほど、

お前がそれを抑えつければ抑えつけるほど、ますます燃え上がるよ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

輝くもの、必ずしも金(きん)ならず。ウィ

輝くもの、必ずしも金(きん)ならず。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

私はこの世を、めいめいが何か一役ずつ演じ

私はこの世を、めいめいが何か一役ずつ演じなければならない舞台だと思っている。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

平和は芸術の保母である。ウィリアム・シェ

平和は芸術の保母である。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

不幸を治す薬は希望よりほかにない。ウィリ

不幸を治す薬は希望よりほかにない。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

悪口を言われて我が身を正すことの出来る人

悪口を言われて我が身を正すことの出来る人間は幸せと言うべきだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

悲しみは慰めによって報いられる。ウィリア

悲しみは慰めによって報いられる。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

一度笑い飛ばした人生は、後で泣いて見せて

一度笑い飛ばした人生は、後で泣いて見せても取り返しはつかぬ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

期待はあらゆる苦悩のもと。ウィリアム・シ

期待はあらゆる苦悩のもと。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

最上の男よりも悪い夫はほかにいない。ウィ

最上の男よりも悪い夫はほかにいない。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

自然でない行いは、自然でない混乱を生む。

自然でない行いは、自然でない混乱を生む。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

男というものは、我が家から離れている時が

男というものは、我が家から離れている時が、いちばん陽気なものだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれた

快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれたやさしい、なつかしい看護婦である。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

ばかの愚かな行いは、いつも、知恵者の砥石

ばかの愚かな行いは、いつも、知恵者の砥石になるものですわ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

人より早く成功する奴は、ダメになるのも早

人より早く成功する奴は、ダメになるのも早い。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

世の中には福も災いもない。ただ考え方でど

世の中には福も災いもない。ただ考え方でどうにでもなるものだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

何かの間違いはあるかもしれないが、別に気

何かの間違いはあるかもしれないが、別に気は狂っちゃいないさ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

望みなしと思われることもあえて行えば、成

望みなしと思われることもあえて行えば、成ることしばしばあり。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

腐った百合の花は雑草よりも悪臭を放つ。ウ

腐った百合の花は雑草よりも悪臭を放つ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

生みの親をないがしろにするようでは、自然

生みの親をないがしろにするようでは、自然にもとり、人の道を守れるはずはない ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

この世はすべて舞台だ。そして男も女もその

この世はすべて舞台だ。そして男も女もその役者に過ぎない。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

いたずらをいたずらでやり返すほど痛快ない

いたずらをいたずらでやり返すほど痛快ないたずらはない。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

慈悲の心で裁きをやわらげよ。ウィリアム・

慈悲の心で裁きをやわらげよ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

弱いものを救い上げるだけでは十分ではない

弱いものを救い上げるだけでは十分ではない。その後も支えてやらなければ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

少年老いやすし。ウィリアム・シェイクスピ

少年老いやすし。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

救済手段もなくなってしまったものは、もう

救済手段もなくなってしまったものは、もう私にとってなすべき心配のなくなったものだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

成し遂げんとした志を、ただ一回の敗北によ

成し遂げんとした志を、ただ一回の敗北によって捨ててはならぬ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

蝕まれ出した愛情に限って、ことさらわざと

蝕まれ出した愛情に限って、ことさらわざとらしい儀礼を見せ始めるのだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

スポンサーリンク