ウィリアム・シェイクスピア一覧

罪悪で出世する者もいれば、美徳で落ちぶれ

罪悪で出世する者もいれば、美徳で落ちぶれる者もいる。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

子供の忘恩は、蛇の牙より身に食いいる

子供の忘恩は、蛇の牙より身に食いいる。 ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

心の準備さえできているならば、万事が準備

心の準備さえできているならば、万事が準備完了だ。 ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

さらに良くしようとして、良いものを駄目に

さらに良くしようとして、良いものを駄目にしてしまうことが多い ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

敵のため火を吹く怒りも、加熱しすぎては自

敵のため火を吹く怒りも、加熱しすぎては自分が火傷する。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

王侯、貴族の誇るものは所詮は名目だけの称

王侯、貴族の誇るものは所詮は名目だけの称号に過ぎない。それは内面的な苦悩に対する、単なる外面的な名誉に過ぎない。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

真実は、すべてのことを平易にす。ウィリア

真実は、すべてのことを平易にす。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

強力な理由は力強い行動を生む。ウィリアム

強力な理由は力強い行動を生む。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

「今が最悪」と言える間は、最悪ではない。

「今が最悪」と言える間は、最悪ではない。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

名前に何の意味があるのか。ウィリアム・シ

名前に何の意味があるのか。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

何でも起きるがよい。時はどんな荒れた日で

何でも起きるがよい。時はどんな荒れた日でも過ぎてゆく。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

おのれ、目に見えない酒精め、汝にまだ名が

おのれ、目に見えない酒精め、汝にまだ名がないのならこれからは貴様を悪魔と呼ぶぞ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

行動は雄弁だ。ウィリアム・シェイクスピア

行動は雄弁だ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

人間の心というものは、活動がとまってしま

人間の心というものは、活動がとまってしまうと、雑草が生えるものだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

火を消すには火をもって為せ。ウィリアム・

火を消すには火をもって為せ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

真実の愛はうまくいかないものだ。ウィリア

真実の愛はうまくいかないものだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

貧乏人けっこう。誰もお前のその貧乏を盗も

貧乏人けっこう。誰もお前のその貧乏を盗もうとはしないのだから。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

若くて妻帯、我が身の災難 ウィリアム・シ

若くて妻帯、我が身の災難 ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

世の中には幸福も不幸もない。ただ、考え方

世の中には幸福も不幸もない。ただ、考え方でどうにでもなるのだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

我ながらよくやったと思った瞬間、万雷の拍

我ながらよくやったと思った瞬間、万雷の拍手、これが果たして自分のものかと疑う一瞬の恍惚と不安。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

神は、我々を人間にするために、何らかの欠

神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

弱き者よ、汝の名は女(なり)。ウィリアム

弱き者よ、汝の名は女(なり)。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

苛(いら)立った女は濁った泉のようだ。ウ

苛(いら)立った女は濁った泉のようだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

あまりしつこくつきまとわれる愛は、ときに

あまりしつこくつきまとわれる愛は、ときに面倒になる。それでもありがたいとは思うがね。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

似ているからといって同じものだとはかぎら

似ているからといって同じものだとはかぎらぬ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

心に満足を得る者は十分報いを得ているもの

心に満足を得る者は十分報いを得ているものだ。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

誘惑は、だれにでも訪れるはず。ウィリアム

誘惑は、だれにでも訪れるはず。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

命は短い方が恥は長引かん!ウィリアム・シ

命は短い方が恥は長引かん!ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

石垣では恋を遮ることなどできぬ。恋の成し

石垣では恋を遮ることなどできぬ。恋の成し得ることなら、恋は何でも企むだろう。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

嫉妬に御用心なさいまし。嫉妬は緑色の目を

嫉妬に御用心なさいまし。嫉妬は緑色の目をした怪物で、人の心を餌食(えじき)にしてもてあそびます。ウィリアム・シェイクスピア

記事を読む

スポンサーリンク