プライドは人一倍

 

「なんだかんだいっても、僕がやらなければ日本一にはなれないんだからね。そのプライドは人一倍ある」

そう語る裏には、勝てなくなれば終わりだという自負が隠されているように思います。

アマチュア野球の審判員を41年間務めた清水幹裕さんによれば、江川は大学時代、最初は意図的にボールひとつぶん、アウトコースに外れる快速球を投げ込むそうです。審判は当然ボールと判定しますが、江川は怪訝な顔で首を傾げる。審判が少し不安感を覚えたところに、今度はボール半分だけ外れた球を投げてくるので、ついストライクとコールしてしまうと語っています。

当時としては速い150キロを越える球速と、抜群のコントロールを持つ江川だからこそ、可能だったといえる技ですが、それほどの能力と技術を持つ天才だからこそ、自らの力の衰えを許せなかったのかもしれません。そして自ら早めの幕切れを望んだのでしょう。

監督あるいはコーチとして期待する声がありながらも、入団時のダーティーイメージもあり、現場復帰することなく、今に至る江川ですが、いつか再びユニフォーム姿を見たいと願うファンの声が、届くことがあればいいなと思います。

この名言気に入ったらいいね!

    スポンサーリンク