CPIサーバーでテーマ編集などができない?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

Forbidden

CPIサーバーでWordPressのテーマ編集などでスタイルシートなど含み編集して更新するとこんな表示が出たりするんです。

えーーーーーーー

って思う方も多いと思います。

この現象のほとんどは、WAFというWEBアプリケーションによるものです。

セキュリティが強く効きすぎてる感じです。

CPIサーバーのスタッフブログでも紹介されています。

回避する方法はあるのでその方法について説明します。

 

回避方法

まずは、あなたが使っているIPアドレスを調べます。

参考サイト: 接続しているグローバルIPアドレス確認

.htaccess

CPIサーバーでは、FTPで開くとこんな感じです。

赤枠の.htaccessファイルを編集します。

.htaccessのファイル開くとこんな感じで記載があり

下の部分

<IfModule mod_siteguard.c>
SiteGuard_User_ExcludeSig ip(ここにIPアドレス)
SiteGuard_User_ExcludeSig ip(ここにIPアドレス)

SiteGuard_User_ExcludeSig ip(ここにIPアドレス)
</IfModule>

この部分が初期設定ではないので追加します。

そのためにIPアドレスを調べていただく必要があったわけです。

家のネット回線、スマホ、ポケットルーター経由それぞれIPアドレスがありますので追加します。

1つの方は、1つでもいいし、2つの方は、2つでもいいです。

SiteGuard_User_ExcludeSig ip(ここにIPアドレス)

上記の部分が減るか増えるかの違いです。

編集が完了したらFTPでサーバーにアップします。

ここまでであればいいソフト2つ

Windowsの場合

FFFTPとTerapadがオススメ

FFFTPは、FTPソフトです。

検索したらすぐに出てきます。

Terapadは、テキストファイル編集するエディターです。

どちらも無料のソフトです。

The following two tabs change content below.
Blog Man

Blog Man

|WordPress|, , , ,